This Category : 理数科教師

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


出張理科実験

普段はいつも同じ学校で授業をしている私だが
他の隊員とコラボして定期的に他校を訪問しての理科実験も行っている

今回は
ヒゲを伸ばして威厳の出てきた
同期隊員もっきーの任地で訪問実験をすることに。


DSCN7209.jpg  niñoからchicoへ昇格!?





青空理科実験教室
DSCN7163.jpg  DSCN7189.jpg

低学年の授業では一緒にブーメランを作って遊び
高学年の授業では先日成功を収めたマグデブルグの半球を含め3つの実験を行った。


DSCN7226.jpg  引っ張りすぎでしょっ笑



普段の授業とは違った楽しさがある訪問実験
学校毎に生徒の反応も休み時間の遊びも違っていて。

今回訪問した学校にはcerezaの木がたくさんあって果実が旬を迎えていた。

DSCN7177.jpg  ←cereza

cerezaってサクランボの意味だけど、日本のサクランボとは木も味も全然違った。


DSCN7179.jpg  おサルさんみたいに身軽な子どもたち

まだ食べるのー
それ以上登ったら枝が折れちゃうよ~

なんて言っていたら


ベチャッ


背中に何か落ちて・・・あ゛ぁあぁ゛――――っっ!!!



DSCN7207.jpg  cerezaから素敵な歓迎を受けた


ちゃんと落ちるかなぁ・・・。
スポンサーサイト
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : 理数科教師


実験 -experimento-

日本の中学校の理科の先生って
予備実験にどれくらいの時間を費やしているのかな?


大学を卒業してすぐに協力隊に参加している私には
理科教師としての経験が全くない

それでも、現地の先生方の授業を観察して
この単元ではこんな実験が身近なもので出来ますよー
実験を取り入れたこんな授業のやり方もあるんですよー
って、先生方に提案していくことが今の私の仕事の一つである。

でも実験って、口で言うだけじゃなかなか伝わらない。

現地の先生方には実験の経験自体が少ないから
やったことのない実験なら尚更想像がつかない。

だから説明する際には実際にやってみせる必要がある。
先生の代わりに実験の授業を受け持つことも多い(今の仕事の大半はコレ)。

もちろん、ぶっつけ本番で実験が成功するなんて稀な話で。
先生や生徒の前で演示する前に予備実験を行う必要がある

簡単そうに見えて実はなかなか上手くいかない実験に試行錯誤したり
成功したとしても、もっと確実な方法や安全なやり方を考えたり
やりたい実験はあっても材料を揃えられない場合に代用できるものを探したり

こういった過程は全て一人でひっそりと行っている。

・・・ちょっと寂しい

予備実験を行う以前にやることも多々ある。
試験管立てやアルコールランプ等、あったら実験がスムーズにいくだろう器具を手作りしたり
理科室掲示用の図表を描いたり生物分野の模型を作ったり

こういった過程も全て一人でひっそりと行っている。

・・・かなり寂しい



今日はもうすぐ8年生で学習する圧力、特に大気圧の学習の導入に使えそうな実験を試しにやってみることに。

“マグデブルグの半球”
昔、ヨーロッパのどっかの科学者さんが2つの半球をぴったりとくっつけて中の空気を抜いて真空にしたところ
その2つの半球は合計16頭の馬で両側に引っ張っても離れなかったとか

これを再現してみようではないか!!

しかも今日は一人ではない。
首都の隊員連絡所での予備実験は、他の理数科隊員とも協力できるから心強い

半球には何を使おうか
2つの半球の間に少しでも隙間があったら中の圧力を下げることは出来ない、
どうやって隙間を無くそうか

一人で考えるのはつまらないけれど、仲間がいると楽しい


日本の料理用ボウルみたいなのがあればいいんだけど見当たらないので
ケーキを焼く用のステンレスの型を2つ買ってきて半球の代用に。
密閉するために厚紙を水で濡らして半球の間にはさんでみた。

・・・まだまだ密閉できてないみたい。
どうやったらもっと密着するかな

一人で失敗するともう投げ出したくなるけれど、
仲間がいるともう一回やってみようって気になる


ケーキ型の縁にティッシュをまいて濡らしたらどうかな!?

DSCN7114.jpg  まぁ・・・見た目は置いといて。笑


DSCN7122.jpg  ついに成功!!


こういう瞬間は本当に嬉しくてテンションが上がる

この喜びを共有できるのも

ぃよっしゃーー!とか
もっかいやってみよ!!とか言っても独り言にならないのも

仲間と一緒の実験だからこそ
半日がかりの仕事が無駄にならなくて良かった

さぁ本番での生徒の反応が楽しみだ
TrackBack : 0
Comment : 4
Category : 理数科教師


算数大会 -capacitación de matemática-

エルサルバドルには
Centro de Desarrollo Profesional Docente(通称CDPD)
という教員研修センターが国内の西部・中部・東部と3か所にある

そのうちの中部教員研修センターが現地の先生方を対象として算数研修大会を主催するということで、私たち教育分野を担当している協力隊員にも声がかかった。

普段から算数を教えている小学校教諭への協力要請が主だったものの
こんな機会なかなか無い!!


研修会ってどんなものだろう、って単純に興味もあったし
この算数研修大会でイメージを掴めたら
自分で理科の研修会を企画したり働きかけたりすることも出来るんじゃないかなって思いもあった。

なので図々しくも小学校教諭の隊員に混ざって研修大会のお手伝いをさせてもらった



協力隊員に託されたのは、研修大会後半で算数の教材や使い方を紹介すること
時間はたっぷり2時間

隊員2人ずつで図形、足し算引き算、掛け算割り算の3つのコースを用意することになり
私は小学校教諭のフミ先生と一緒に掛け算割り算領域を担当することに。


こんな教材があったら生徒の学習意欲が増すんじゃないかな
こういう工夫があったら生徒の計算ミスを減らせるんじゃないかな
生徒の能力の伸ばし方としてこんな授業のやり方もあるよ

等々、現地の先生方に伝えたいことを一生懸命考えた。

このスペイン語で伝わるかな?
自分の学校の先生に何度も添削してもらった。


R0016929.jpg  算数大会当日の為の資料や教材も作った。





そしてやってきた算数研修大会本番

IMG_4256.jpg  研修会場にはたくさんの先生方が集まった。



2時間スペイン語を喋り続けるってとても長い時間だと考えていたけれど
始まっちゃえばあっという間で。

R0017043.jpg  R0017068.jpg

私の言いたかったこと、少しでも伝わったかな?


今日の研修大会を通して先生方のモチベーションが少しでも上がってくれたなら。

一緒に作って持ち帰った教材を学校でも使ってくれたら
紹介しか出来なかった教材を帰ってから学校で自分で作ってくれたら
そして、それを通して「わかった!」と思ってくれる生徒がいたなら。

そんな生徒が一人でもいたなら、私は嬉しい


今日の研修大会が成功だったかどうかは
休日にも関わらず参加して下さった教育熱心な先生方が各自判断して下さるだろう。

「休みの日でも参加して良かった!」なのか、
「次回あっても参加しないだろうな。。。」なのか。

前者であることを、私は願うのみ
TrackBack : 0
Comment : 2
Category : 理数科教師


仲間 -compañeros-

ちょうど一年前の今頃、私は東京のウィークリーマンションに泊まりながら
青年海外協力隊理数科教師として派遣されるために技術補完研修を受けていました。


IMG_2785.jpg  P1020961.jpg

私の協力隊としての始まりの、大きな一歩でもありました



あれから一年

090613_1639~01  技術補完研修を機に始めた3年日記も2年目に突入

あの時出会った仲間との関係も2年目に突入!!

もう一年。
やっと一年。


帰国後に再会できるのが、今からとても楽しみな仲間たちです
彼らと笑って再会したいから辛くても踏ん張れる、私の心の支えでもあります。



みんな
活動は順調ですか?

私はこないだも失敗しました!
実験失敗というよりは、生徒指導失敗してめちゃくちゃへこみました!!

それでも
どうしようもないクソガキどもだけど
皆に自慢したい部分もたくさん、、、否、少しはあるんです。


早く皆に会いたいです。
会って色んな話を聞きたい。聞いてほしい。

ビールで乾杯できる日を楽しみにしています


DSCN4964.jpg

TrackBack : 0
Comment : 8
Category : 理数科教師


estrella -星-

夜になると真っ暗になる私の任地では
星がとても綺麗に見える

南半球、と勘違いしている人も多いが
一応北半球(北緯15度)なので

北斗七星も見えるしカシオペヤ座も見える。
今の時期だとオリオン座も綺麗に見える。


せっかく星が綺麗なんだし
もっと色んな星座が分かったら面白いだろうなー

ってことで、日本から星座早見表を送ってもらった。
(エルサルでも探したけど見つけられなかった





DSCN3633.jpg


・・・予想以上にたくさんの物が送られてきた。

インスタントのおしるこ、キツネさんにタヌキさん、鶏ササミの燻製に柿P・・・
良いセンスしてますね、さすがお母様


福岡で一人暮らしをしていた時も
エルサルバドルでホームステイをしている今も
実家からの小包というのは本当に嬉しいものです。
どうもありがとうございます


特に今は、お煎餅一枚、緑茶一パックとっても
日本を感じられる貴重品に思えるんだから尚更のこと。笑


ちなみに緑茶とお煎餅はエルサルバドル人には不評でした
そもそも、紅茶すら飲んだことないらしい。
・・・美味しいのになぁ。


2年間で
黄道12星座と1等星くらいは見つけられるようになるぞー
TrackBack : 0
Comment : 4
Category : 理数科教師


プロフィール

Aya

Author:Aya
2009年3月大学卒業(地学専攻)

大学卒業をきっかけに青年海外協力隊参加を決意し

2009年9月28日から
中米のエルサルバドルという小国で理数科教師として奮闘しています。

活動は2年間。
たくさんの景色、たくさんの人々、たくさんの問題を
自分の目で見て自分の肌で感じて
でっかく成長して日本へ帰りたいと思います!

エルサルバドルでもブログは更新中!
中米の風を皆さんのもとへお届けします^^

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

隊員生活 (24)
Suchitoto_語学研修 (7)
赴任 (5)
語学 (7)
理数科教師 (7)
派遣前訓練 (10)
ダイビング (7)
ミュージカル (3)
未分類 (6)
El Jicaro_活動先 (40)
任国内旅行 (16)
任国外旅行 (5)

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © 理数科通信 ~El Salvador~ All Rights reserved  /  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。