This Archive : 2010年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


☆夜の楽しみ☆

エルサルバドル、任地エルヒカロでの水曜夜の楽しみ

これだ


DSCN5607.jpg  MILLONARIO

エルサルバドル版ミリオネアである(ミジョナーリオという)。



DSCN5621.jpg  DSCN5631.jpg

挑戦者はもちろんエルサルバドル人であるが、会場の雰囲気は一緒。
賞金は¥ではなく$であるが、システムは一緒

50:50とか3つのお助けアイテム(?)も一緒だ。



DSCN5628.jpg  出題の仕方も一緒で

「ファイナルアンサー」ももちろんきく。


少額問題なら私でも割と答えられる

  エルサルバドルのタクシーは普通何色でしょう
   A:赤色 B:白色 C:黄色 D:黒色

みたいな。笑
ちなみに↑の写真の問題はこうだ。

  エルサルバドルでカサミエントと呼ばれる食べ物は何と何を混ぜたものでしょう
   A:卵とハム B:鶏肉と野菜 C:小豆とご飯 D:チョコレートと牛乳

挑戦者はエルサルバドル人。
もちろんこれも少額問題だ


ただ、いくら少額問題でもどうしても答えられない問題がたまにある。
日本のミリオネアとは明らかに違うところ。

宗教に関する問題だ

エルサルバドル人は大半がカトリック教徒なので
聖書に関する問題が当たり前のように出題される。


「セニョリータ・アヤ、神を信じない限り20万ドルは獲得できないんだよ。
 残念だね。」

は、宗教問題が出た時の子供たちの口癖。
・・・いや、誰も出場するなんて言ってませんが?


こうして水曜の夜は更けていく・・・
スポンサーサイト
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : El Jicaro_活動先


水 -agua-

エルサルバドルの各家庭にはピラと呼ばれる水溜場がある。


DSCN0306.jpg  ←うちのピラはこんな感じ

ピラの横が流し場になっていて、食器を洗うのも洗濯をするのも
全てこのピラの水を使って生活している。

このピラが屋外にある家なんかも結構あり
そういったピラは落ち葉が浮いていたり底に砂が沈殿したり・・・

常に水をはった状態なので、蚊の発生源になったり
ひどい時にはピラの側面にボウフラがいたり・・・


衛生上、正直好ましくないものだと思う


死んだ蛾がいくら浮いていたって
羽アリの大量発生で水面が黒く覆われていたって

それらをすくって使わなければならないのだ。


その水で歯を磨くのは、最初は正直嫌だった


でもそんな水でも大切に使わなければならないのだ。
ピラの存在はエルサルバドルの田舎で生活する上で必須だ。


というのも、うちの地域の場合
朝しか水道から水が出ない。

夜のうちに蛇口を全開にしておくと
朝5時を過ぎたくらいからチョロチョロと水が出始める。

あぁ、水が出始めたからそろそろ起きなくちゃ
と、それは家族にとって目覚まし時計の役割も果たしている

水道の水は大体朝の8時くらいまでしかでないので
その間に蛇口全開のまま溜められるだけピラに水を溜める。


満タンまで溜まればそれで良し
満タンまでいかなければいつもより水の使用を控える

そして翌朝また水道から水が出るまでピラの水を使って過ごす・・・

これがうちの水のサイクルである


しかしこの水のサイクルが滞って早5日。
 断 水 である

ピラの水は底をつき、昨日からついに雨水生活が始まった。
皮肉と言うべきか不幸中の幸いと言うべきか
今は雨季なので雨だけはうんざりするほど降っている

身体を洗うのも食器を洗うのも外のドラム缶に溜めた雨水
洗濯物は日中にママとお姉ちゃんが川へ行って洗う(彼女らはその時に水浴びもする)

トイレに至っては外に穴を掘っただけの簡易トイレだ
一応壁はあるものの、ゴキブリの数が半端ない。
しかも デ カ イ 


以前、停電が4日続いた時もかなり困ったが
(パソコンも携帯も充電切れちゃうし夜は寝るしかすることないし)
人間の生活に必要な水の不足はそれ以上に不便で困ることが多い



停電したら日本ではどうしてるの?
断水したら日本人はどうするの?

  うーん、日本では停電・断水することなんて
  年に数回あるかないかの稀なことなんだ。


そう言った時の、サルバドレーニョの反応はいつも一緒。
目を大きく見開いて「increible(信じられない)」と一言。


日本の色んな日常は、本当に信じられないくらい有難いものなのだと気付かされる。
そしてそれらは、これまでの日本人の勤勉性の賜物なのだということも。


明日こそは水が出ますように・・・
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : El Jicaro_活動先


día del maestro -先生の日-

エルサルバドルには「先生の日」がある。

父の日母の日みたいに、「先生いつもありがとう」という日で
その日(6月22日)は学校はお休みになる

そして、私の住むセソリ市では
セソリ市の全学校全教員を対象にしたお楽しみ会みたいなイベントがあった。





・・・と、ここまで書くと
そのイベントは祝日である先生の日に行われたように想像するのが日本人ではないだろうか。

  いやいゃ、お楽しみ会だろうと休日にやるなんて以ての外だよ!
  私だって休みたいんだ!!
  学校休みにして平日にイベントやればいいだろう!

というのがサルバドレーニョ(エルサルバドル人)の感覚で、そのイベントが行われたのは18日(金)だ。
生徒はお休み



DSCN6319.jpg

セソリ市役所前の公園のステージはきれいに飾りつけられ
広場には出席する先生方用の椅子がエルサルバドルにしては珍しく綺麗に整列して置かれていた。
表彰式等、きちんとした式典も一緒に行われるらしかった。


しかしここはエルサルバドル
日差しの強い午前10時に、誰が日向の椅子に座りたがるだろう。

あなただったら椅子に座るだろうか

私の判断はこうだった。
「強い日差しの下で椅子に座るくらいなら木陰で立って話を聞こう

しかしサルバドレーニョの判断は違った。
「こんなに強い日差しの下で椅子に座る奴なんていない。
 だったら椅子を持ってきて木陰で座って話を聞こう



・・・ぁっ、あの椅子、動かしちゃっていいんだー。。。


DSCN6320.jpg

式典とかそういった行事は一切無視で、次々に日陰へ椅子ごと移動するサルバドレーニョたち。
式進行中もお構いなしで、木陰とともに移動する・・・。



DSCN6322.jpg  おかげでステージの前は空っぽだ。


椅子ごと移動するっていうのは私の選択肢には全くなかった。
ほんとビックリだ。

その話を同僚のサルバドレーニョにしたら

日本人は頭が固い
って鼻で笑われてしまったけれど

式典の椅子を勝手に移動するって、日本じゃ考えられないよね!?
ぇっ、私だけ!??



思考の違いについて考えさせられた一日だった。



ちなみに

土日休んで月曜行ってまた休み・・・
ってのもアレだから、月曜も休みにして4連休にしようぜ!!

という教育省の粋な計らい(?)で、学校派遣の私に急遽プチ休暇が訪れた
お楽しみ会の金曜日も含めると、実質5連休!!



サルバドレーニョの
そういった考え方は大歓迎だ
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : El Jicaro_活動先


mamón -マモン-

エルサルバドルでの生活は
水シャワーだし停電、断水なんて日常茶飯事だしちょっとの雨でもすぐに雨漏りするし・・・

もう慣れてしまったとはいえ
日本の生活と比べると、ちょっと不便なことが多い

でもそんな不便なエルサルバドルに来て良かった!
と思えることもたくさんある。


例えば、果物の多さ

大好きなスイカはほぼ1年中食べられるし
南国フルーツとして知られるパパイヤ、グァバ、パッションフルーツ、マンゴーなんかもたくさん売っている。
もちろん、リンゴやブドウ、イチゴのような日本で親しまれている果物も売っている

DSCN0522.jpg  しかも安い!メロン一個60円!!


3月末~5月のマンゴーの季節には
1日2個3個・・・とマンゴーに舌鼓を打った

・・・ある意味とっても贅沢な生活だと思う



そして今日新たな果物に出会った。


DSCN6288.jpg  ←コレ。mamón(マモン)というらしい。

DSCN6290.jpg  歯で簡単にパカッと殻を外すことが出来る。

DSCN6289.jpg  中に大きな種があるので、その周りをしゃぶる感じで食べる。



甘酸っぱくて美味しい

粒の小さくて種のないブドウ・・・デラウェア?の味に似ています。


マモンは6月の果物らしい。
1年中暑いとはいえ、やっぱり果物には旬があるんだね


日本の6月と言えば梅の実?

ちなみにエルサルでは梅って見たことないです





誰か梅酒送ってください
TrackBack : 0
Comment : 2
Category : 隊員生活


算数大会 -capacitación de matemática-

エルサルバドルには
Centro de Desarrollo Profesional Docente(通称CDPD)
という教員研修センターが国内の西部・中部・東部と3か所にある

そのうちの中部教員研修センターが現地の先生方を対象として算数研修大会を主催するということで、私たち教育分野を担当している協力隊員にも声がかかった。

普段から算数を教えている小学校教諭への協力要請が主だったものの
こんな機会なかなか無い!!


研修会ってどんなものだろう、って単純に興味もあったし
この算数研修大会でイメージを掴めたら
自分で理科の研修会を企画したり働きかけたりすることも出来るんじゃないかなって思いもあった。

なので図々しくも小学校教諭の隊員に混ざって研修大会のお手伝いをさせてもらった



協力隊員に託されたのは、研修大会後半で算数の教材や使い方を紹介すること
時間はたっぷり2時間

隊員2人ずつで図形、足し算引き算、掛け算割り算の3つのコースを用意することになり
私は小学校教諭のフミ先生と一緒に掛け算割り算領域を担当することに。


こんな教材があったら生徒の学習意欲が増すんじゃないかな
こういう工夫があったら生徒の計算ミスを減らせるんじゃないかな
生徒の能力の伸ばし方としてこんな授業のやり方もあるよ

等々、現地の先生方に伝えたいことを一生懸命考えた。

このスペイン語で伝わるかな?
自分の学校の先生に何度も添削してもらった。


R0016929.jpg  算数大会当日の為の資料や教材も作った。





そしてやってきた算数研修大会本番

IMG_4256.jpg  研修会場にはたくさんの先生方が集まった。



2時間スペイン語を喋り続けるってとても長い時間だと考えていたけれど
始まっちゃえばあっという間で。

R0017043.jpg  R0017068.jpg

私の言いたかったこと、少しでも伝わったかな?


今日の研修大会を通して先生方のモチベーションが少しでも上がってくれたなら。

一緒に作って持ち帰った教材を学校でも使ってくれたら
紹介しか出来なかった教材を帰ってから学校で自分で作ってくれたら
そして、それを通して「わかった!」と思ってくれる生徒がいたなら。

そんな生徒が一人でもいたなら、私は嬉しい


今日の研修大会が成功だったかどうかは
休日にも関わらず参加して下さった教育熱心な先生方が各自判断して下さるだろう。

「休みの日でも参加して良かった!」なのか、
「次回あっても参加しないだろうな。。。」なのか。

前者であることを、私は願うのみ
TrackBack : 0
Comment : 2
Category : 理数科教師


仲間 -compañeros-

ちょうど一年前の今頃、私は東京のウィークリーマンションに泊まりながら
青年海外協力隊理数科教師として派遣されるために技術補完研修を受けていました。


IMG_2785.jpg  P1020961.jpg

私の協力隊としての始まりの、大きな一歩でもありました



あれから一年

090613_1639~01  技術補完研修を機に始めた3年日記も2年目に突入

あの時出会った仲間との関係も2年目に突入!!

もう一年。
やっと一年。


帰国後に再会できるのが、今からとても楽しみな仲間たちです
彼らと笑って再会したいから辛くても踏ん張れる、私の心の支えでもあります。



みんな
活動は順調ですか?

私はこないだも失敗しました!
実験失敗というよりは、生徒指導失敗してめちゃくちゃへこみました!!

それでも
どうしようもないクソガキどもだけど
皆に自慢したい部分もたくさん、、、否、少しはあるんです。


早く皆に会いたいです。
会って色んな話を聞きたい。聞いてほしい。

ビールで乾杯できる日を楽しみにしています


DSCN4964.jpg

TrackBack : 0
Comment : 8
Category : 理数科教師


カビ

エルサルバドルの気候は年間を通して雨季と乾季とに二分できる。
赴任してからの半年間は乾季であったため、乾季という名の通り雨が全く降らなかった

バスの窓から見える景色には
水分を失った草木の黄色や葉をつけない木々や土の茶色が目立ち
どことなく寂しい印象があった

それが4月に入り乾季の終わりが近付くにつれて、少しずつ雨の降る日が増え
黄色と茶色ばかりが目立っていた景色の中に徐々に緑が増してきた

目に見えて変化していく世界の色
とても新鮮な驚きを覚えた


乾季には木々や草木の枯れた黄色や茶色のイメージ
雨季には植物の緑の濃いイメージ

それは日本にいた頃から持っていた。
そのイメージはあながち間違っていなかったと思う。

しかし想像以上にそれらの季節間の変化が著しく
やはり想像と実際に体験するのとでは大きな差があることを実感した出来事だった。


エルサルバドルは年間を通して暑い国
日本の四季を懐かしく思うことも多いが、こういった季節の感じ方も素敵だと思った。










なんて言うと思ったら大間違いなんだよーーーーーーっ!!!!

何この雨っ!何この湿気っ!!

何このカビッ!!!


2週間ぶりにホームステイ先に帰り、部屋のドアを開けた。
その瞬間に漂ってきた、何とも表現しがたい芳しいかほり

まるで数年ぶりに楽器ケースを開けた時のようなフワッとしたカビ臭


な ん で

ベッドにカビ生えてるの!
洋服も全て汚染されちゃってるよ!!
バックアップ用のHDとか日本から持ってきたDVDとかまで全てが

あ゛あぁ゛ぁ゛ーーーーーーーーーーー



気管支炎になる日も近い
TrackBack : 0
Comment : 6
Category : El Jicaro_活動先


jalapeñas -ハラペーニャス④-

P3210359.jpg

エルサルバドルには協力隊員で構成されたjalapeños(ハラペーニョス)というサッカーチームがある。

エルサルバドル人はサッカーが大好き
だからハラペーニョスは各隊員の任地などでサッカーを通して現地の人と交流をはかっているのです


今まではハラペーニョス(男性サッカー部)の応援だけだった女性陣。
エルサルの協力隊員には女性も多い。

せっかくなら女子サッカー部も作りたいよね!
ってことで、今年3月末にはエルサルバドル協力隊女性サッカー部jalapeñas(ハラペーニャス)も結成


エルサル隊員によるサッカーを通した異文化交流は
ハラペーニョス結成当時のメンバーが日本へ帰国した今でも
しっかりと続いているんです。


そして今日もハラペーニョス・ハラペーニャスのサッカー交流
今日の対戦は私と同じ理数科教師隊員の任地、カカオペラで。

女性サッカー部ハラペーニャスにとっては結成以来4回目の試合

ワールドカアップ予選も行われた大球場でデビュー戦を飾ったものの
未だ白星のないハラペーニャス

P1080576.jpg  俄然気合も入る

特に今日の私はかなぁーり気合が入っていた


え、なんでかって?

だってマイスパイクだよ!!?

キック力も普段の3割増しです



今までサッカーなんてやったことなかったし、テレビですらまともに試合を見たことのなかった私。
でもやってみるとめちゃめちゃ面白いっ!!

運動音痴だし走るの遅いし
あんまり役には立ててないんですが。笑

それでもサッカーってこんなに面白かったのね

縁あって同じ国に同じ時期に派遣されている
年齢も職業も出身地も違う他の隊員たちと力を合わせて出来るスポーツ
ってところも魅力の一つです


残念ながら今日も白星を得られなかった我らハラペーニャス

でもその戦いはまだ始まったばかり
カピタンを始め、皆気合は十二分

ハラペーニャスが初白星を獲得する日も近い!!?
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : 隊員生活


テキーラ -tequila-

メキシコのお酒と言えば

テキーラ

日本にいた頃も名前くらいは知っていたけど
今まで飲んだことなかったのね


でもメキシコと同じ中米にいるんだし
飲み方くらいは知っときたいよね

てことで、首都にある隊員連絡所で他の隊員の方たちとテキーラパーティをやりました

ついでに、エルサルには色んな種類のマンゴーがあるし
そろそろマンゴーの食べ納めの時季でもあるし
テキーラパーティと合わせてマンゴーパーティもやりました


DSCN6144.jpg  マンゴーとショットグラスにつがれるテキーラ


テキーラの飲み方には色んなやり方があるらしいけれど
今日習った飲み方↓

1.口にキュッとレモン(ライム)を絞る
2.ショットグラスのテキーラをキュッと流し込む
3.ゴクッと飲み込み塩をペロッと舐めて次に備える(?)

らしい


DSCN6152.jpg  早速素敵なお姉さま方とテキーラを飲む


エルサルバドル隊員の中で私は最年少組(新卒参加組は私も含めて6人)
いつも私が困ったり悩んだりしていると相談に乗ってくれる
頼りになるお姉さま方なのです

長女なので今までずっとお姉ちゃんかお兄ちゃんが欲しいと思っていたら
エルサルに来てあっという間に沢山のお姉ちゃんとお兄ちゃんが出来ました



DSCN6149.jpg  テキーラの中には虫が入っている種類もあり

これがグラスに入った人は幸せになれるんだとか


DSCN6164.jpg  それを躊躇せずグイっと一気に飲む
カッコいいアヤコお姉ちゃん


DSCN6153.jpg  今日誕生日を迎えた
いっつも優しくてついつい甘えちゃうカオリお姉ちゃん


みんなみんな、本当に大好きです

こんなに沢山の素敵なお姉ちゃんがいる私は本当に幸せ者


テキーラでホロ酔いになりつつ、今夜は楽しい時間が過ごせました
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : 隊員生活


じゃじゃーん!!

DSCN6186.jpg  購入!!

マイスパイク


ナオトに一緒に買いに行ってもらいました

真っ赤なスパイク、可愛いでしょ


ナオト、今日は付き合ってくれてどうもありがとう

明日はこのスパイク履いて頑張るぞ~!!!!
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : 隊員生活


プロフィール

Aya

Author:Aya
2009年3月大学卒業(地学専攻)

大学卒業をきっかけに青年海外協力隊参加を決意し

2009年9月28日から
中米のエルサルバドルという小国で理数科教師として奮闘しています。

活動は2年間。
たくさんの景色、たくさんの人々、たくさんの問題を
自分の目で見て自分の肌で感じて
でっかく成長して日本へ帰りたいと思います!

エルサルバドルでもブログは更新中!
中米の風を皆さんのもとへお届けします^^

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

隊員生活 (24)
Suchitoto_語学研修 (7)
赴任 (5)
語学 (7)
理数科教師 (7)
派遣前訓練 (10)
ダイビング (7)
ミュージカル (3)
未分類 (6)
El Jicaro_活動先 (40)
任国内旅行 (16)
任国外旅行 (5)

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © 理数科通信 ~El Salvador~ All Rights reserved  /  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。