This Archive : 2010年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


出張理科実験

普段はいつも同じ学校で授業をしている私だが
他の隊員とコラボして定期的に他校を訪問しての理科実験も行っている

今回は
ヒゲを伸ばして威厳の出てきた
同期隊員もっきーの任地で訪問実験をすることに。


DSCN7209.jpg  niñoからchicoへ昇格!?





青空理科実験教室
DSCN7163.jpg  DSCN7189.jpg

低学年の授業では一緒にブーメランを作って遊び
高学年の授業では先日成功を収めたマグデブルグの半球を含め3つの実験を行った。


DSCN7226.jpg  引っ張りすぎでしょっ笑



普段の授業とは違った楽しさがある訪問実験
学校毎に生徒の反応も休み時間の遊びも違っていて。

今回訪問した学校にはcerezaの木がたくさんあって果実が旬を迎えていた。

DSCN7177.jpg  ←cereza

cerezaってサクランボの意味だけど、日本のサクランボとは木も味も全然違った。


DSCN7179.jpg  おサルさんみたいに身軽な子どもたち

まだ食べるのー
それ以上登ったら枝が折れちゃうよ~

なんて言っていたら


ベチャッ


背中に何か落ちて・・・あ゛ぁあぁ゛――――っっ!!!



DSCN7207.jpg  cerezaから素敵な歓迎を受けた


ちゃんと落ちるかなぁ・・・。
スポンサーサイト
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : 理数科教師


実験 -experimento-

日本の中学校の理科の先生って
予備実験にどれくらいの時間を費やしているのかな?


大学を卒業してすぐに協力隊に参加している私には
理科教師としての経験が全くない

それでも、現地の先生方の授業を観察して
この単元ではこんな実験が身近なもので出来ますよー
実験を取り入れたこんな授業のやり方もあるんですよー
って、先生方に提案していくことが今の私の仕事の一つである。

でも実験って、口で言うだけじゃなかなか伝わらない。

現地の先生方には実験の経験自体が少ないから
やったことのない実験なら尚更想像がつかない。

だから説明する際には実際にやってみせる必要がある。
先生の代わりに実験の授業を受け持つことも多い(今の仕事の大半はコレ)。

もちろん、ぶっつけ本番で実験が成功するなんて稀な話で。
先生や生徒の前で演示する前に予備実験を行う必要がある

簡単そうに見えて実はなかなか上手くいかない実験に試行錯誤したり
成功したとしても、もっと確実な方法や安全なやり方を考えたり
やりたい実験はあっても材料を揃えられない場合に代用できるものを探したり

こういった過程は全て一人でひっそりと行っている。

・・・ちょっと寂しい

予備実験を行う以前にやることも多々ある。
試験管立てやアルコールランプ等、あったら実験がスムーズにいくだろう器具を手作りしたり
理科室掲示用の図表を描いたり生物分野の模型を作ったり

こういった過程も全て一人でひっそりと行っている。

・・・かなり寂しい



今日はもうすぐ8年生で学習する圧力、特に大気圧の学習の導入に使えそうな実験を試しにやってみることに。

“マグデブルグの半球”
昔、ヨーロッパのどっかの科学者さんが2つの半球をぴったりとくっつけて中の空気を抜いて真空にしたところ
その2つの半球は合計16頭の馬で両側に引っ張っても離れなかったとか

これを再現してみようではないか!!

しかも今日は一人ではない。
首都の隊員連絡所での予備実験は、他の理数科隊員とも協力できるから心強い

半球には何を使おうか
2つの半球の間に少しでも隙間があったら中の圧力を下げることは出来ない、
どうやって隙間を無くそうか

一人で考えるのはつまらないけれど、仲間がいると楽しい


日本の料理用ボウルみたいなのがあればいいんだけど見当たらないので
ケーキを焼く用のステンレスの型を2つ買ってきて半球の代用に。
密閉するために厚紙を水で濡らして半球の間にはさんでみた。

・・・まだまだ密閉できてないみたい。
どうやったらもっと密着するかな

一人で失敗するともう投げ出したくなるけれど、
仲間がいるともう一回やってみようって気になる


ケーキ型の縁にティッシュをまいて濡らしたらどうかな!?

DSCN7114.jpg  まぁ・・・見た目は置いといて。笑


DSCN7122.jpg  ついに成功!!


こういう瞬間は本当に嬉しくてテンションが上がる

この喜びを共有できるのも

ぃよっしゃーー!とか
もっかいやってみよ!!とか言っても独り言にならないのも

仲間と一緒の実験だからこそ
半日がかりの仕事が無駄にならなくて良かった

さぁ本番での生徒の反応が楽しみだ
TrackBack : 0
Comment : 4
Category : 理数科教師


遺跡見学

そんなこんなで、生徒たちと行ってきました遺跡見学

まずはカサブランカ遺跡公園を目指し
朝4時半に学校を出発(早)


DSCN6856.jpg  ここまででバス移動5時間


移動だけで疲れちゃったんじゃないかな?と思いきや、

同期のキチドメ君とミズホさんの協力のもと完成したワークシートを片手に
興味深々で遺跡公園内を見て回る生徒たち

DSCN1232.jpg  DSCN6870.jpg


ただの遊びじゃないの!勉強に行くんだからね!
って意味を込めて作ったワークシートだったけど、
そんなん必要なかったかな?って思うくらい真剣に見学している生徒も多くて


DSCN6894.jpg  ここで働いているキチドメ君にも

遺跡公園の説明などたくさん協力してもらいとっても助かりました


その後はバスで昼食を取りながらタスマル遺跡へ移動


DSCN6916.jpg  DSCN6933.jpg

ここでもワークシートを片手に真剣に見学して回る生徒たち
私も他の先生方もびっくり。笑

普段の授業もこれくらい真剣に受けてくれるといいんだけどなぁ。

そして午後2時にタスマル遺跡を出発して
夕方7時前に学校到着

出発から解散まで計14時間のかなぁーーりキツい日程だったにも関わらず
帰りのバスの中まで生徒たちの興奮は続いて


先生方の承諾を得たり遺跡見学予約やバスの手配、保護者への説明会等々、煩雑な仕事が増えて
あんなこと言わなきゃよかった・・・
とちょっぴり後悔もしたけれど(笑)

こうやって何とか無事に行事が終わってみると
多少の反対意見はあったものの生徒たちの喜ぶ様子も見られたし
私の今後の活動のためにもやっぱり行ってよかったと思った。


ワークシートの作成とか遺跡の説明とか全面的に協力してくれたキチドメ氏
本当にありがとう





ところで。
うちの9年生の女の子(18歳)がキチドメ氏の働く姿に惚れてしまったようで

Masakiの写真欲しい
って何度もせがまれてるんですが、あげてもいいっすかね??
TrackBack : 0
Comment : 6
Category : El Jicaro_活動先


遺跡見学に至った経緯

エルサルバドルにはマヤ文明の遺跡がある。
エルサルバドルにある唯一の世界遺産も、そういった遺跡に関するものである。

それなのにうちの生徒は・・・というか、その保護者すら
遺跡に行ったことがある人はいない

遺跡の名前は知っている。
大体の位置も把握している。写真も見たことはある。

でも、それだけ。

興味がないわけじゃない。
だが行く機会がないのだ。

日本だったら修学旅行や遠足があるけれど
エルサルバドルの学校には修学旅行どころか遠足すらないのだ。


タスマル遺跡ってどんな
博物館には何が置いてあるの

幸運にもそれらの遺跡を訪ねる機会があった私は
たびたび生徒に質問される。

写真見せて
とたびたび生徒にせがまれる。


学校外での学習っていうのもたまにはアリだと思うんだ。
だから、生徒たちを遺跡に連れて行ってあげられたらいいのにね

いつだったか、そんな話を校長先生とした。

とは言え、うちの学校から遺跡のある町まで片道5時間弱
泊まりがけっていうのは生徒たちの金銭面から考えても安全面から考えてもあり得ない
でも日帰りで往復10時間バス移動は日程的にも生徒の体力的にも厳しいだろう

だからあくまで、遺跡見学は“実現の可能性が低い未来のオハナシ”として語った

・・・つもりだった。


それがいつの間にか校長先生が
「セニョリータ・アヤが皆を遺跡に連れて行ってくれるぞー!!」
なーんて、生徒たちに伝えちゃったから大騒ぎ。笑

・・・ぅーん、私の文法間違ってたんかな?

いつ行くのー?
カメラ持って行ってもいい!?
家族も一緒に行けるってほんと!!?

と、話はどんどん独り歩きを始め。
いつの間にか今年度の私の公約のように扱われ始め。

とにかく、これはいくら腰の重い私でも実行に移さざるをえなくなった


というのが、マヤ文明遺跡見学を実行に移すにいたった大まかな経緯である。
最初から積極的に計画していた訳では・・・ない。


-Continuará (つづく)-
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : El Jicaro_活動先


お菓子 -dulce-

最近子供たちに人気のお菓子がある


DSCN6830.jpg  ←これだ(1個10円)

中に入っているのは
ペットボトルのふたより一回り大きいくらいの
明らかに自然の色じゃない毒々しい青色をした飴玉

袋の絵からも分かるように、食べると舌が真っ青になる
飴をガリガリ噛むせいで、歯ぐきまで染まっている子もたまにいる。



DSCN6816.jpg  DSCN6818.jpg

DSCN6827.jpg

・・・真っ青な口で満面の笑みを浮かべていても、全然可愛くない


ケ フェオ!!(可愛くなーい!!)
と言うと、喜んで次から次に見せてくるから不思議だ。

味はまぁまぁ、らしい。
よく見ていると、とにかく舌を青く染めたいだけらしく
数人で1個の飴を回して舐めている子たちもいた。それってどーょ・・・

せっかくだから私も食べて一緒に写真を撮ってみた


DSCN6821.jpg










何がショックだったかって
肌の黒さが彼女らと大差なくなったってことだよね・・・orz
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : El Jicaro_活動先


jalapeñas -ハラペーニャス⑤-

ハラペーニャス第5戦
場所は小学校教諭ナオト先生の任地アウアチャパン

対戦相手は女子高生
この日のための寄せ集めチームで
試合経験はゼロだとか。

初白星を目指すハラペーニャスにチャンス到来!?


DSCN6640.jpg  皆気合いバッチシです


DSCN6636.jpg  きれいな芝のグラウンド


・・・かと思いきや、雨季による連日の雨の為、下はベチョベチョ泥濘んでいて。
歩く度にビチャッベチョッと嫌な音が

活躍2回目のマイスパイクもあっという間にグッチャグチャ



DSCN6700.jpg

終わってみればやっぱり黒星、泥だらけ
帰宅後、洗濯にどれだけの時間を費やしたかは皆さんの想像にお任せします


あっという間に5連敗のハラペーニャス
目指せ次こそ初白星!!
TrackBack : 0
Comment : 2
Category : 隊員生活


ボーリング

今夜は他の隊員たちと一緒に
ちょっと・・・否、かなり近代的な遊びをしてきました



DSCN6592.jpg  ボーリング


エルサルバドルにもあったんだね!
全然知らなかったょ。笑

てことで、1年ぶり?くらいのボーリングです


私のスコアはと言うと・・・
100いけばめっちゃ喜ぶ
・・・それくらいです。決して上手い方ではありません。

それが今日は調子が良かった!
9レーン投げ終わった時点で94

あと1回。
10レーン目で6本以上倒せば目標の100!!

やる時はやる女、それがayaです

そして、いざ。

さぁ、いくぞ!!
って時に・・・





フッとレーンの電気が消えた・・・?


23時
閉店である。

ちょっと待ってよ!
あと1回で終わるんだし投げさせてよ!!

の願いも届かず、私の1年ぶりのボーリングは9レーンで終了


果たして私は目標の100に届いたと言えるのだろうか・・・?
やりたくても機会を与えられない女、それがayaだったようだorz


うーーん、何だかとっても消化不良な感じ
10レーン目の途中でいきなり電気を落とすなんて、日本じゃ絶対クレーム出るよね

でもここはエルサルバドル
文句を言っても始まらない


次こそは100目指して頑張るぞ~~!!
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : 隊員生活


プロフィール

Aya

Author:Aya
2009年3月大学卒業(地学専攻)

大学卒業をきっかけに青年海外協力隊参加を決意し

2009年9月28日から
中米のエルサルバドルという小国で理数科教師として奮闘しています。

活動は2年間。
たくさんの景色、たくさんの人々、たくさんの問題を
自分の目で見て自分の肌で感じて
でっかく成長して日本へ帰りたいと思います!

エルサルバドルでもブログは更新中!
中米の風を皆さんのもとへお届けします^^

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

隊員生活 (24)
Suchitoto_語学研修 (7)
赴任 (5)
語学 (7)
理数科教師 (7)
派遣前訓練 (10)
ダイビング (7)
ミュージカル (3)
未分類 (6)
El Jicaro_活動先 (40)
任国内旅行 (16)
任国外旅行 (5)

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © 理数科通信 ~El Salvador~ All Rights reserved  /  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。