スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


遺跡見学に至った経緯

エルサルバドルにはマヤ文明の遺跡がある。
エルサルバドルにある唯一の世界遺産も、そういった遺跡に関するものである。

それなのにうちの生徒は・・・というか、その保護者すら
遺跡に行ったことがある人はいない

遺跡の名前は知っている。
大体の位置も把握している。写真も見たことはある。

でも、それだけ。

興味がないわけじゃない。
だが行く機会がないのだ。

日本だったら修学旅行や遠足があるけれど
エルサルバドルの学校には修学旅行どころか遠足すらないのだ。


タスマル遺跡ってどんな
博物館には何が置いてあるの

幸運にもそれらの遺跡を訪ねる機会があった私は
たびたび生徒に質問される。

写真見せて
とたびたび生徒にせがまれる。


学校外での学習っていうのもたまにはアリだと思うんだ。
だから、生徒たちを遺跡に連れて行ってあげられたらいいのにね

いつだったか、そんな話を校長先生とした。

とは言え、うちの学校から遺跡のある町まで片道5時間弱
泊まりがけっていうのは生徒たちの金銭面から考えても安全面から考えてもあり得ない
でも日帰りで往復10時間バス移動は日程的にも生徒の体力的にも厳しいだろう

だからあくまで、遺跡見学は“実現の可能性が低い未来のオハナシ”として語った

・・・つもりだった。


それがいつの間にか校長先生が
「セニョリータ・アヤが皆を遺跡に連れて行ってくれるぞー!!」
なーんて、生徒たちに伝えちゃったから大騒ぎ。笑

・・・ぅーん、私の文法間違ってたんかな?

いつ行くのー?
カメラ持って行ってもいい!?
家族も一緒に行けるってほんと!!?

と、話はどんどん独り歩きを始め。
いつの間にか今年度の私の公約のように扱われ始め。

とにかく、これはいくら腰の重い私でも実行に移さざるをえなくなった


というのが、マヤ文明遺跡見学を実行に移すにいたった大まかな経緯である。
最初から積極的に計画していた訳では・・・ない。


-Continuará (つづく)-
スポンサーサイト
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : El Jicaro_活動先


Comment

Comment Form


秘密にする
 

TrackBack URL

TrackBack List

プロフィール

Aya

Author:Aya
2009年3月大学卒業(地学専攻)

大学卒業をきっかけに青年海外協力隊参加を決意し

2009年9月28日から
中米のエルサルバドルという小国で理数科教師として奮闘しています。

活動は2年間。
たくさんの景色、たくさんの人々、たくさんの問題を
自分の目で見て自分の肌で感じて
でっかく成長して日本へ帰りたいと思います!

エルサルバドルでもブログは更新中!
中米の風を皆さんのもとへお届けします^^

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

隊員生活 (24)
Suchitoto_語学研修 (7)
赴任 (5)
語学 (7)
理数科教師 (7)
派遣前訓練 (10)
ダイビング (7)
ミュージカル (3)
未分類 (6)
El Jicaro_活動先 (40)
任国内旅行 (16)
任国外旅行 (5)

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © 理数科通信 ~El Salvador~ All Rights reserved  /  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。