スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


模擬授業

ついにこの日がやってきました。


スペイン語での模擬授業


これまでスペイン語の会話や基本文法を中心に学んできましたが、
現地でJICAボランティアに求められるものは「その先」の部分。

スペイン語(現地語)はあくまでその手段に過ぎません。


今回の模擬授業は

自分が実際に現地で行う活動を
クラスメイトを現地のカウンターパートだと見立てて
実際にスペイン語でやってみよう!!

というもの。
(ちなみにKTCではテクニカルクラスと呼ばれています)


英語やフランス語では
職種別に分かれてのテクニカルクラスが
早くから始まっていたのですが

スペイン語は
各先生にその判断が委ねられていたため
うちのクラスでは
退所まであと1週間にして
やっとテクニカルクラスが始まったのでした。笑

恐らくこれが最初で最後でしょう


今回のテクニカルクラスでは
青少年活動で派遣される子が
ロープワークを教えてくれたり


DSCN4606.jpg



看護師さんが怪我の応急処置について教えてくれたり。

自分とはまた違った協力活動に触れられて
自分ももっと頑張らねば、と良い刺激を受けました。



さて私はというと、簡単な理科の実験を行いました。


DSCN46211.jpg


クラスメイトを現地の小学生とみなして

「たくさんの水溶液を3つのグループに分けてみよう!!」

というもの。


テクニカルクラスの持ち時間が各自10~20分程度だったので
実験自体はすごく簡単なものだったんですが


前々から
導入はどうしようかな?とか
どうやってまとめたら分かりやすいかな?とか
そもそも酸性・アルカリ性ってスペイン語で何て言うんだろー?とか
考えたり。

昨晩は昨晩で

ビーカーの代わりに
牛乳瓶集めたりプラコップ買いに走ったり

お菓子に入ってる乾燥剤を求めて
色んな語学クラスを走り回ったり。

早朝から指示薬を作ったり。


実験って
準備が本当に大変

実際に指導した経験がないからこそ
なおさら時間がかかる。


でも
それがまた楽しい


色が変わったら皆どんな反応するかな~?とか
この溶液も試したら面白そうだなー。とか

そうやって考えてる時間が私は好きです。


今回の実験、15分~20分で終わる予定が
結局30分もかかってしまい

明らかに私の時間配分ミス

技術顧問のT先生がいたら何て言われただろう!?
と冷や汗ものでしたが

実験自体は手順どおりに出来たし

やっぱり教えるのって面白いな
理科好きだな

と再認識した午後でした。
スポンサーサイト
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : 理数科教師


Comment

Comment Form


秘密にする
 

TrackBack URL

TrackBack List

プロフィール

Aya

Author:Aya
2009年3月大学卒業(地学専攻)

大学卒業をきっかけに青年海外協力隊参加を決意し

2009年9月28日から
中米のエルサルバドルという小国で理数科教師として奮闘しています。

活動は2年間。
たくさんの景色、たくさんの人々、たくさんの問題を
自分の目で見て自分の肌で感じて
でっかく成長して日本へ帰りたいと思います!

エルサルバドルでもブログは更新中!
中米の風を皆さんのもとへお届けします^^

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

隊員生活 (24)
Suchitoto_語学研修 (7)
赴任 (5)
語学 (7)
理数科教師 (7)
派遣前訓練 (10)
ダイビング (7)
ミュージカル (3)
未分類 (6)
El Jicaro_活動先 (40)
任国内旅行 (16)
任国外旅行 (5)

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © 理数科通信 ~El Salvador~ All Rights reserved  /  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。