スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


満月に導かれて

片道2時間ちょい
エルサルバドル第3の都市San Miguel(サンミゲル)へ行ってきた。

特に用事があったわけではない。
今日は気持ちがいつも以上に外に向いていたから、ちょっと遠出してみたくなった
ただそれだけのこと。

そしたら色んな出会いがあった。

行きのバスの中で
隣に座った看護婦のおばあちゃんと仲良くなってお喋り
まだこちらに来て間もない、と言うと、
通り過ぎる町の名前や特徴を一つずつ説明してくれて
自分の町にも遊びに来てほしいと電話番号まで教えてくれて。

「一緒に食べよう」と言ってマンゴーまで買ってくれた
いつか彼女の町を訊ねてみたい。


道を訊ねようと小さなお店に入った先で
うちの嫁は中国人なのよ!
と言ってきたお店の人と小一時間お喋り
私は日本人だ、と言うと、
私にとってはどっちも同じよ!と、豪快に笑い飛ばされた。

少し早口で、聞き取れなかったところを「もう一度言って」と言っても
うちの嫁も最初はそんな感じだったわよ!
まだまだ練習が必要ね!
と言って笑ってるだけ。もう一度繰り返してはくれない。

それでも嫌な気が少しもしなかったのは、おばちゃんの目が常に優しかったからだろう。
「スペイン語が上達したらまたおいで」
そう言ってジュースとクッキーをくれた
もっと口をはさめるようになったらまた会いに行きたい。


一人で昼食を取りながら日本への手紙を書いていたら
一緒にいい?
と、若者3人が声をかけてきた。
ちょっと警戒したものの、私が返事をするまで席に着こうとしない
彼らのその態度から何となく大丈夫な気がして一緒に昼食をとった

17歳の女の子と19歳の男の子2人
いつも接している子供たちや先生方よりも歳の近い彼らとの何気ないお喋りは
普段の家族や学校での会話と雰囲気が違った。
会話についていけなくても楽しかった。

3人とも来年大学2年生になるそう。
大学が始まったら大学を案内してもらう約束をして別れた。


大きな都市ほど危険度が高くなる
何となくそんなイメージがあるこの国の中でも
サンミゲルは割と殺人などの犯罪率が高い場所。

特に用事があるわけでもないのにフラフラして大丈夫かな?
こちらに来てまだそんなに時間が経ったわけでもない
スペイン語に自信があるわけでもない

心配は色々あったけれど、自分の気持ちに従って行ってみて良かったと思う。

今日は人との出会いに恵まれて
幸せな気持ちで過ごせた一日だった


何かやってみたいことがあっても
先に頭で色々考えてしまって
行動に移せずに終わってしまうことが多い私。

考えることはもちろん大事だと思うけれど
たまには気持ちのままに動いてみるのも悪くない
スポンサーサイト
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : 隊員生活


Comment

Comment Form


秘密にする
 

TrackBack URL

TrackBack List

プロフィール

Aya

Author:Aya
2009年3月大学卒業(地学専攻)

大学卒業をきっかけに青年海外協力隊参加を決意し

2009年9月28日から
中米のエルサルバドルという小国で理数科教師として奮闘しています。

活動は2年間。
たくさんの景色、たくさんの人々、たくさんの問題を
自分の目で見て自分の肌で感じて
でっかく成長して日本へ帰りたいと思います!

エルサルバドルでもブログは更新中!
中米の風を皆さんのもとへお届けします^^

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

隊員生活 (24)
Suchitoto_語学研修 (7)
赴任 (5)
語学 (7)
理数科教師 (7)
派遣前訓練 (10)
ダイビング (7)
ミュージカル (3)
未分類 (6)
El Jicaro_活動先 (40)
任国内旅行 (16)
任国外旅行 (5)

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © 理数科通信 ~El Salvador~ All Rights reserved  /  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。