スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


no tengo suerte -ついてない-

2年間の活動が終わり日本へ帰国する先輩方の歓送会に参加するため
首都へ上がってきた


が、今日はついてないことが続いた。
あまりにも情けなくて少し泣いてしまったくらいだ。


まずバスの乗り換え地点で
犬に咬まれた

乗り換え地点までバスで2時間
乗り換え地点からバスでさらに2時間

・・・・・・行きたい
あと2時間我慢するのはキツイなー

そう思って乗り換え地点にあるお店の人にお願いしてトイレを貸してもらった。

エルサルは犬を飼っているお家が多い。
ちょっとビクビクしながら家に入ったんだけど、その時は犬が見当たらなかった。
用が済んで、さぁお家から出ようと門を開けた瞬間


(ガブッ)


イヤアァァァァァッッ


もうね、痛いとかそんなんよりも
 ビ ッ ク リ し た 

そんな感じだったから傷も大して深くないだろうと思ったのに
ジーンズを捲り上げてみて更にビックリ

くっきり歯の跡が4つ(上の歯2本、下の歯2本)
しかも血がタラタラ

とりあえず水!とアワアワしていると
「これ使いな!」と近くの人が飲料水のペットボトル持ってきてくれて
汚れるからってティッシュとかも持ってきてくれて

なのに飼い主のおばちゃんは腕組んで見てるだけで
狂犬病の予防接種は済んでいるかって聞いてもダンマリで

家の犬と一緒に済ませてあるから大丈夫だ、って答えてくれたのはお隣さんで

念のために連絡先を教えてくれって聞いてもダンマリで

そのおばちゃんの名前と連絡先を教えてくれたのはやっぱりお隣さんで

痛いやら
他の人の気遣いが嬉しいやら
おばさんの態度に心を折られるやらで

もうほんと泣きたくなった


でもそこでは泣かなかったんよ
Ayaちゃんももういい大人だからね。


そして出血が何となく止まったところで
やってきたバスに乗り換えたんだけど

そこで第二の事件発生


 バ ス 強 盗 


乗り換えて1時間半が過ぎたころ。
首都のサンサルバドル市内に入ってそろそろターミナルに着くかしら、という時に
通路をはさんで斜め前のおばさんに話しかけている男の人が目に入った。

手にはジャックナイフのようなものが

あっ!
そう思うか思わないかと同じくらいのタイミングで
私のすぐそばに別の男の人がピッタリとくっついて立ってきた。

同じようなナイフを私の上腕に当てながら
「Teléfono. Teléfono.(電話、電話)」と繰り返し言ってくる。


刃物を向けられるのは
冗談半分でも気分の良いものではない。

本気だと尚更のこと。

とりあえず言われたとおりに要求されたものを差し出すのみ





・・・・・・でもね、ここからはちょっと笑い話


私の携帯はすごく古い

もう任期を終えて帰国した他の隊員が使っていたものを譲り受けて使っているから仕方ないのだが

「そんな携帯じゃ泥棒も欲しがらないよねードンマイ
と家族に言われるくらい
 古 い 



その携帯を
「Teléfono(電話)」
と言われたから差し出したのに

膝の上にポンって
投げ返された

・・・そんな皆して嫌がることないじゃんねー
使いやすいよ?この携帯。。。

そして携帯の代わりに
「Dinero. Dinero.」
とお金を要求してくる強盗の男


ちょっと我儘じゃない?
なんてその瞬間に思うほどの余裕があるはずもなく。

要求された通りにお金を渡したら強盗は去って行きました。


その二人組がバスを降りてからの車内は騒然
多くの客が被害に遭ったようで
中にはバッグごと全て盗られて泣いている女性も


でも私は泣かなかったんよ
Ayaちゃんももういい大人だからね。


現地では狂犬病の危険があるから犬には注意しろってことも
この国が危険だってことも日本にいる頃から分かっていたことで

それでも現地の人の優しさや笑顔のおかげでここまでやってこれてたのに


何で狂犬病の恐怖とバス強盗の恐怖を

一日に同時に体験しなきゃいけないんかね?



そんなこんなで首都のバスターミナルに着くころにはほんとクタクタ

こんな国もうイヤだ。
そう思いながらバスを降りたら声をかけられた。

「あんたも大変だったわね、目的地まで気をつけてね。」と。


バッグを盗られて泣いていた女性だった。


その女性からの一言で
ついに涙がこぼれてしまった


この国は危険が多いのも事実だけれど

人の温かさをたくさん感じられるのも事実





とにかく
同じく隊員として世界中にいる仲間たち
そして日本にいる友人ももちろん

怪我や病気、犯罪にはくれぐれも注意してください。
2年後、笑って再会できるように
スポンサーサイト
TrackBack : 0
Comment : 14
Category : 隊員生活


Comment

うへー!
冗談のようなホントの話、ちょっくらびっくりしました。
本当に大変だったね。。。犬にかまれたケガは完治までは心配だけど、強盗事件はお金の被害だけでよかったと考えるしかないね。

危険とわかって気をつけていても、運が悪いときは災難に遭う。
逆に、平和で安全な国でも、運が悪ければ強盗ぐらいには遭うこともある。ましてや病気やケガはどこでも起こりうる。

派遣後3か月たち、油断している時期かもしれないから、本当に気をつけないといけないね。

頑張って元気になってください。
2009/12/16(水) 03:38:51 | URL | きむ兄@サモア #mQop/nM.[ 編集]
無事で何より
 災難が続くとへこむよね~。でも大事故にならないでよかったです。大変な状況の中でも自分を理解してくれる人に出会えたのはいい事だよね。
 咬まれた所、お大事にしてくださいな。
2009/12/16(水) 17:22:14 | URL | 山ネコtorojiro #-[ 編集]
まじかー
Mara suerteだったね。本当に。
でもあじゃの体が怪我なく終わったことは(あ、v-286は別としてね)Buena suerteだと思います。
めぐちゃんもいい大人だけど、その状況で泣かずにいられるかは自信ないわ。
がんばったね、あじゃちゃん。任地に帰ってのんびり心を休めてくださいな。あと、足もね。

2009/12/17(木) 21:51:00 | URL | めぐ #-[ 編集]
無事かえってこいよーーー!!
なんかの映画みたいだね。
いろいろ起こるのは人生楽しいけど、、、、、

これはさすがに大変ね。。。。
がんばれーーー!!!
2009/12/19(土) 03:04:59 | URL | KAMUI #-[ 編集]
これリアル!?って思うぐらい恐ろしい話だv-40御無事で何より。。。落ち着いて対応できていたのが良かったね。でもやっぱり怖いわ。。。気をつけてね!!
2009/12/22(火) 22:41:06 | URL | #-[ 編集]
e-53きむ兄

 まさかの一日だったよー
 ほんと、お金の被害だけでよかった。。。

 お金の被害だけだったからこうやって話していられるけど
 もしもっと大きな被害になっていたら・・・。

 きむ兄も怪我とか病気とか充分に気をつけてね
2009/12/23(水) 15:06:47 | URL | Aya #-[ 編集]
e-53徹さん

 こういう時だからこそ人の温かさが身にしみました。
 お互い気をつけようねー
2009/12/23(水) 15:18:15 | URL | Aya #-[ 編集]
e-53ブラウニー

 任地に帰ってのんびりしてたら
 何だか本当に自分の身に起こったことなのか嘘みたいです。

 同じ国でも場所によって危険度がグンと変わるのよね。
 
 そして未だにe-134が怖い。。。
 うちの犬すら怖くて一人でお庭に出たくありません。
2009/12/23(水) 15:21:02 | URL | Aya #-[ 編集]
e-53りゅーじさん

 人生、色々あるのは楽しいんですけどね。
 人との出会いとか特に好きなんですけどね。
 でも強盗とは出会いたくなかった。。。

 今度エルサルバドルの海に潜りに行きます!
 海に癒してもらうのが一番!!
2009/12/23(水) 15:22:52 | URL | Aya #-[ 編集]
ほんと、日本じゃまず考えたことなかったからね・・・自分が強盗に遭うなんてe-350
もう二度とこんな思いはしたくない。
気をつけなきゃ・・・って、バスには乗らなきゃいけないしe-330
日本って平和だったんだなってつくづく思うよ
2009/12/23(水) 15:26:01 | URL | Aya #-[ 編集]
うえ~ん。。。(><)
あやが、無事で本っ当に本っ当に良かったよ~(泣)読んでてめっちゃ怖くなりました。私だったら、腰抜かして連絡所までたどり着けないかも・・・
あやちゃん、偉い☆よく、頑張った♪
2009/12/23(水) 20:40:22 | URL | あい #-[ 編集]
大丈夫?
ひさしぶりにブログ見てびっくり・・・。
大丈夫!?でも無事で本当に良かった。
エルサルバドルは危ないって聞いてたから余計心配したよ。
つらいことほんとに多いよね、でも2年後笑って再会できるように焦らず頑張ろう!
あと、ポストカードありがと♪
2009/12/24(木) 09:26:15 | URL | koji #-[ 編集]
e-53あいちゃん

 「まさか自分が被害に遭うなんて」
 バスの中だから、気をつけようがない部分もあるっちゃあるんだけどe-263

 あれ以来、後ろから近づいてくるバイクとか集団に
 以前より敏感に反応するようになった気がする。
 やっぱりどこか油断してた部分があったのも否めないと思うわけよ。

 あいちゃんはバイクも運転してるのよね?
 こういった危険+交通事故にも充分気をつけてね!
2009/12/26(土) 14:24:27 | URL | Aya #-[ 編集]
e-53おーじ

 とりあえず大丈夫e-319

 任地は人間より牛と鶏の方が多いような田舎でノホホンとしてるのに
 やっぱり首都や大きい町は危険なんだなって痛感した出来事でした。

 事件直後はさすがに怖くて泣きそうだったけど
 2年後には笑い話に出来るくらい、これからの時間を楽しく過ごせることを祈ってますe-53

 手紙届いたのね~良かった良かったe-68
 アフリカの大地で、おーじが笑っていることを願ってますe-287
2009/12/26(土) 14:33:24 | URL | Aya #-[ 編集]

Comment Form


秘密にする
 

TrackBack URL

TrackBack List

プロフィール

Aya

Author:Aya
2009年3月大学卒業(地学専攻)

大学卒業をきっかけに青年海外協力隊参加を決意し

2009年9月28日から
中米のエルサルバドルという小国で理数科教師として奮闘しています。

活動は2年間。
たくさんの景色、たくさんの人々、たくさんの問題を
自分の目で見て自分の肌で感じて
でっかく成長して日本へ帰りたいと思います!

エルサルバドルでもブログは更新中!
中米の風を皆さんのもとへお届けします^^

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

隊員生活 (24)
Suchitoto_語学研修 (7)
赴任 (5)
語学 (7)
理数科教師 (7)
派遣前訓練 (10)
ダイビング (7)
ミュージカル (3)
未分類 (6)
El Jicaro_活動先 (40)
任国内旅行 (16)
任国外旅行 (5)

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © 理数科通信 ~El Salvador~ All Rights reserved  /  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。